2018/9/13 木曜日

今回は「インスペクション」をめぐる経緯についてテーマにしました。

Filed under: 田渕 — kuroda @ 8:00:21

 

インスペクションとは建物の不良 不具合を検査することで、

「建物現況調査」や「建物状況調査」と呼ばれています。

インスペクションは2000年頃から消費者のニーズに応えるべくして

普及が進んでいます。国土交通省では、中古住宅、リホーム

トータルプラン(2012年3月)に中古住宅売買時に行われる

インスペクションに関して共通認識の形成およびその普及を

図る目的で2013年6月に「既存住宅インスペクション.ガイドライン」

」を策定しています。2018年4月からは宅地建物取引

業法が改正され、中古住宅売買において宅地取引業者は

「依頼者」売主または買主にインスペクション旋回の説明義務が

付されました。(必ずインスペクションが義務ではありません)

ウンセンリホームでは売主.買主双方が安心した生活を送るため

にも、インスペクションは役にたつと考えています。

HTML convert time: 0.238 sec. Powered by WordPress ME