2021/4/30 金曜日

15年目のバルコニーFRP防水

Filed under: 外壁,片山 — katayama @ 17:53:45

築15年のU様邸。

この15年という節目の時期におすすめの工事があります。

バルコニー防水です!

U様邸のバルコニー防水は住宅では一般的なFRP防水。

RRP防水は、ポリエステル樹脂に硬化剤を添加した溶液をガラス繊維に含浸させて積層し防水層を形成したもので、継ぎ目がなく耐水性・対候性にすぐれた強靭な防水層を形成します。

ただし防水層を保護するトップコートは紫外線で劣化するので定期的な塗り替えが必要です。

塗膜劣化はおよそ7年~10年ですが、今回のU様邸のように15年程度でしたら表面にも目立ったヒビは入ってない場合も多くトップコートの塗り替えだけで済み費用も安価です。

これ以上放置すると劣化により余計な手間が増えるかも…

 

表面をしっかり研磨したのち、立ち上がりと平場を丁寧に塗り替えます。

ピカピカの塗膜が完成!

外壁塗装と違って多くの場合足場を必要としないバルコニー防水。

一度もやってないな、という方は15年を目安に考える機会を設けてみては。

2021/4/19 月曜日

外壁塗り替えのご紹介。

Filed under: 外壁,黒田 — kuroda @ 18:14:36

今回は、弊社で20年ほど前に建てていただきました

外壁サイディングの塗り替えのご紹介です。

Before

表面のチョーキングはもちろん、目地ジョイントの劣化も

目立ちました。

悩むところは色です。

 

何度か、お打ち合わせを重ね、塗り板サンプルを作成しました。

After

その結果、基本大きく色を変えずに、建築当初の

色をベースにアクセント色を入れてみました。

いい感じに、周辺に溶け込みました。

お客様も満足されたみたいです。

 

2021/1/30 土曜日

F 様邸 外壁焼き板張替え

Filed under: 外壁,田渕 — kuroda @ 8:38:38

長年風雨に耐えた焼き板の収縮により隙間ができ

外壁下地が見えてきたこともあり張替えることに。

Before

施工中

下地胴縁材も取り換え後に防水シートを張り焼き板張りを

施工します。

After

これでまた数十年は心配ありませんね。

 

2017/11/25 土曜日

蔵の壁修理

Filed under: 外壁,黒田 — kuroda @ 16:24:59

以前ご紹介していた蔵の壁の修理が完成しました。

鮮やかな白!気持ちがいいです。

帯飾りも、なまこ壁風に

平瓦のかわりに、黒モルタルを塗り

棒漆喰でフチ取りしました。

規則正しい並びです。

 

 

2017/10/28 土曜日

蔵の壁修理

Filed under: 外壁,黒田 — kuroda @ 15:29:27

前回ご紹介した、台風の影響で修理する事になった漆喰壁です。

下地の土壁もあまり良い状態ではなかったので下地から修理する事に

なりました。(道路側でもあり、落下すると危険ですからね。)

撤去後→ラス地下地

ラスモルタル下地

現在乾燥中・・・

中々台風の影響で雨がつづき思うように進みません。

 

2017/10/14 土曜日

重力には逆らえませんね。

Filed under: 外壁,黒田 — kuroda @ 16:53:21

先月の台風の雨の影響で蔵の土壁が一部ではなく、

ほぼ一面すべて落ちたそうです。

解体後ような状態になってました。

小さなクラックから雨水が少しずつ浸透して

とうとう耐えられなくなったみたいです。

現在修理中です・・・

 

2017/3/31 金曜日

羽目板工事

Filed under: 外壁,木村 — kimura @ 18:23:43

こんばんわ^^

本日は季節外れの寒波にみまわれ

お隣様の広島県では雪が積もったと聞きまして

地球がこのままおかしくなって

アルマゲドンのような人類史上

最大のピンチを迎えるんじゃないかと心配している木村です(/_;)

でも安心してください。

その時は木村が地球の希望を背負って

隕石に爆弾を埋め込みにいきますので・・・(アルマゲドン参照)

 

さておき今日は外部の羽目板工事にて

とても巾の広い板を使った現場の写真です。

 

美しいですね~

メンテナンスは必要ですし

条件が良くなければ反りや割れがどうしても出てきやすい。

 

けどかっこいい。そういうの木村は好きです

 

2016/7/23 土曜日

普段目に付かない場所

Filed under: 外壁,黒田 — kuroda @ 9:20:30

今回は普段目に付かない、家の裏側(玄関のない側)

の修理をご紹介致します。

気が付いたら、焼き板がめくれて

中の壁土が流れでておりました。雨樋も外れていました。

CIMG5786

焼き板をめくってみると中の壁土はありませんでしたが、

柱はしっかり残っていて、特に問題無いので

下地胴縁と焼き板の張替えのみの修理になりました。

(雨樋もついでに接着しておきました。)

CIMG5841

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ←クリックお願いします。
にほんブログ村

倉敷、岡山、総社周辺でリフォームをお考えのお客様は、ウンセンリフォーム

HTML convert time: 0.087 sec. Powered by WordPress ME