2020/12/12 土曜日

在来からユニットバスへの工事期間

Filed under: 浴室,片山 — katayama @ 11:45:19

寒くなってくるとお風呂のリフォーム依頼が急増します。

汗だらだらの夏と冷える冬、浴室リフォームで自宅のお風呂に入れない不便感さは果たしてどちらがマシなのか意見が分かれるところでしょうが、冬場休日前たまにお風呂をさぼる私としては冬を推します。

下の写真は在来浴室から1216サイズのユニットバスにリフォームしたU様邸です。

引き違いのガラス戸の開口を利用して狭い空間でも出入りがしやすい片引き戸仕様にしました。

↓施工前。コンクリートに水が浸入しておこる白華現象(通称「エフロ」)でタイル床が無残なことに。

↓施工後(入り口枠の仮固定が映ってしまってます、すみません汗)

 

タイル貼りの在来浴室からユニットバスに工事をする場合、なんの問題もなくスムーズに行った場合で

➀既存浴室解体…1日

②ユニットバス用土間コンクリート打ち・給排水配管・配線…1~2日

③土間コンクリート固まり待ち…1~2日(固まりにくい冬場なら2~3日)

④ユニットバス据え付け+接続…1日

⑤大工でユニットバス入口周辺の仕上げ+新設ユニットバスの目地コーキング養生…1日

と、だいたいお風呂に入れない期間は最短で5日~7日ぐらいです。

 

ちなみによく誤解されますがリモコンでの湯張りや追い焚きはユニットバスにしただけでは不可能です。

給湯機に依存するものなので、蛇口から湯張りをしている方がユニットバスに工事予定ならぜひ給湯機も取り換えも検討してください。

ウンセンリフォームはあたたかいお風呂ライフを応援します。

 

2020/10/16 金曜日

KT様邸改装工事①浴室編

Filed under: 木山,浴室 — kuroda @ 12:34:05

冬とても寒いタイルのお風呂です。出窓になっていてお孫さんのおもちゃ等

を置ける良いスペースでした。

内部の不要な天井・壁・床を撤去して、土間コンクリートを打ちます。

落ち着いた色合いのユニットバスになりました。入口は以前より少し大きく

なったので、専用部材で補修しています。洗面所の内装は何もしていません。

奥行のある窓枠を付けて出窓の使い勝手を残しています。(重い物を載せては

いけませんが)

ユニットバスには暖房付換気扇が付いていますので、寒さ対策はバッチリです。

洗面所には「壁掛型遠赤外線暖房機」を設置しました。夏には送風機能を使って

扇風機がわりにも使えます。なかなか優秀ですよ。

2020/7/6 月曜日

U 様邸 浴室リノベーション

Filed under: 浴室,田渕 — kuroda @ 10:32:59

前の お風呂は掃除が大変と冬寒くお困りでした。

(長い間お疲れ様でした。)

ユニットバスでお手入れが楽になりました。

(末長く宜しくお願いします。)

2019/4/29 月曜日

ユニットバスで肩湯と腰湯

Filed under: 洗面所,浴室,片山 — katayama @ 17:12:38

タイルの浴室・電気温水器→ユニットバス・エコキュートへの取り換え工事を行いました。

↓before

天井・床・間仕切り壁を壊して土間コンを打ち配管をしていきます。

ユニットバスを入れるのに十分なスペースが確保できるようでしたら、既存タイルは壊さないでも大丈夫です。

 

↓after

 

新しいユニットバスはTOTOの最高級ユニットバス『シンラ1717サイズ』!

なかなか出ない高級品…私も今回初めてお目にかかりました。

肩湯・腰湯・床ワイパー除菌水・断熱材パック・浴室乾燥暖房機・浴室暖房機とフルスペック。

標準ユニットバス『サザナ』に比べると組み立て手間も倍です…

今まで家の外に置かれていた洗濯機も今回洗面所内にお引越し。洗濯機と浴槽を配管で直接繋いだので残り湯を使用する洗濯の際もパイプを浴槽に入れる手間がはぶけます。

発売以来CMでも放送され大人気の肩湯・腰湯、最近五十肩が…といった方はぜひご検討を。

 

2017/8/29 火曜日

2階浴室工事

Filed under: 浴室,田渕 — uehara @ 16:35:21

N様邸2階タイル張り浴室をユニットバスに工事時中

 

 

解体前の様子。

 

解体後の様子。この状態からユニットバスを組み立てていきます。

 

今回はTOTOのサザナです。

あとは給水管の接続、電気工事、換気工事です。

もうすぐ完成です。

 

2017/7/9 日曜日

リフォーム現場の今・・・⑤

Filed under: 浴室,黒田 — kuroda @ 16:19:36

今回は浴室です。

浴室と言えば、施工性などの面からユニットバスが多いですが、

在来タイル張りの浴室のご依頼もまだまだあります。

施工はユニットバスに比べると、日数もかかりますが、

出来上がると、タイルの質感も良いものです。

今回は、その施工手順の一部をUPします。

①まず既存浴室を解体します。

②配管して、土間コン打

③壁タイル下地(ユニットバスならここで完成してます。)

④浴槽据付、エプロン下地

↓コレを据付ます。一人じゃ無理!汗(手伝いました。)

↓で、こんな感じです。

⑤数日後、壁と床の仕上げのタイルを張り(完成は後日UPします)

⑥更に数日後、水栓器具などを取付れば完成。

 

〇当たり前ですが、給湯器への接続も必要ですよ~

 

2017/4/15 土曜日

W様邸改装工事③

Filed under: 木山,洗面所,浴室 — uehara @ 16:07:08

W様邸、完成編1です。

お風呂はユニットバスになりました。以前のお風呂よりサイズアップし1坪サイズです。

 

今までは一度外に出てから脱衣室・浴室に行っていましたが、LDKから行けるようになりました。

 

 

2017/2/24 金曜日

W様邸改装工事①

Filed under: キッチン,木山,浴室 — uehara @ 13:33:29

W様邸は増改築を何度か経験して、ちょっと面倒な間取りになっていました。脱衣と浴室は一度勝手口から出てからでないと、入れません。夏場は良くても、冬は寒くて…。

そこで、間取りを変更して快適な水廻りになるようにリフォームしました。

 

 

 

 

キッチンの窓の向こうが、浴室です。張りきって浴室を解体してもらいます。高さがギリギリなので、全てを撤去します。

 

 

 

キッチン本体も内装材も全て撤去し、窓も取ってしまいます。

 

 

次回工事②へ続きます。お楽しみに!

 

2016/12/22 木曜日

H様邸納屋改装工事②

Filed under: キッチン,トイレ,木山,洋室,洗面所,浴室 — uehara @ 15:44:09

前回から続く、納屋改装工事その②です。

 

キレイに片付けてもらった納屋の中です。古い床などを撤去してしまいます。

 

 

2階部分の天井高を確保する為、既存2階床を下げる必要があります。

室内に新たな柱を建てて、補強しつつ新しい構造材を入れていきます。

 

 

室内の天井高を少しでも高くとる為、床下もなるべく低くします。

断熱材と24㎜の合板を敷き込みます。

 

 

さあ、どんどん下地を進めていきます!

 

次回、完成編に続きます。

blogb

 

 

2016/10/30 日曜日

賃貸住宅リフォーム

Filed under: キッチン,トイレ,浴室,黒田 — kuroda @ 15:00:24

今回は賃貸住宅リフォームをご紹介致します。

木造平屋建

築40年くらいだと思います。

前住人の方々が相当使い込まれていたようです。

Before↓

cimg5992

cimg5510

cimg5503

cimg5504

生まれ変わりました。

After↓

cimg6106

cimg6118

cimg6108

cimg6112

cimg6114

清潔感あふれる明るい空間になりました。

 

blogb

次ページへ »

HTML convert time: 0.443 sec. Powered by WordPress ME